ぢっと手を見て俳句詠む

え、俺、年収「三百万円しかない?!」 父親は要介護、同居の母は妖怪カネダセー そんな私は俳句を詠むのであった

アーカイブ:2017年07月

2017年7月29日 夏の果て

介護の仕事をしていて利用者様の死と向き合うたびに、自分は万全を尽くせられただろうかと不安に思う

資産は育たないが( ^ω^)・・・

本日、またしても妖怪カネダセー(おかん)に10万円を貸しましたまだ、貸した14万円の内の7万円返ってこない段階でさらに10万円だからな…恐ろしい話だ

↑このページのトップヘ