皆さん、お財布の中にポイントカードは入っているでしょうか?


たったいま、私のお財布の中を調べると6枚も入ってました!
(これって多いのか少ないのかわからないや)

今回はポイントカードとその落とし穴について語りたいと思います




まずは、ポチッとしてくれると嬉しいです





ポイントカード、つまりはポイントサービスって前回お話した「経済圏」の中心的なサービスになっています


イメージするなら楽天ポイントが貯まる「楽天連合圏」や、ドコモのdポイントが貯まる「ドコモ連合圏」と言ったイメージでしょうか

経済圏を意識すればお得にどんどんポイントをゲットをすることが出来ます

また、経済圏を作るような大きな会社でなくても、中小の小売店や飲食店、理美容店でもポイントサービスをやっている会社もありますよね

『そんなわけで財布の中にどんどんポイントカードが貯まっていき、財布が悲鳴を上げてしまう事あるんじゃないでしょうか』

つまり、それは私です。
挙手('ω')ノ


そんなお得感溢れるポイントカード、ポイントサービスですが注意すべき点がいくつかあります

1.ポイントに期限があって気がついたら無くなっている問題

ポイントサービスの中にはポイントに期限を設けているものがあります。滅多に行かないお店のポイントカードだとせっかくの貰ったポイントを使う前に期限切れという悲劇を起こすことが多々あります

私の場合だと北海道のみで展開している本屋さんグループ「コーチャンフォー」のポイントカードがこれなんですよね
本はほとんどネットで買うのでたまに実店舗で本を買ったり、文房具を買ったりしたときのポイント、、、
今までほぼ全て捨てています

こういう場合は思い切ってポイントカードを捨てるのも手かもしれませんね、所謂、断捨離です

断捨離が出来ないという場合は多めにポイントゲットした時は『必ず消費する物をすぐにポイントで買う』というのも手かもしれませんね
この場合、あくまでも必ず消費するものでないと意味がありません、ポイントの為に無駄遣いしたら結果損をすることになりますので


2.ポイントゲットできるお店、実は値段が高い場合がある問題

お得にポイントをゲットできることを高々と宣伝しているお店ってありますよね
確かにたくさんポイントを貰えるのは嬉しいのですが、、、、

実は『ポイントで儲かる分を差し引いても普通にポイント無しで売っているお店の方が安くて実質的にお得な場合』が多々あります

この場合で特に注意しないといけないのは主にネットショッピングや家電量販店でしょうか

ネットショッピングで「本日ポイント10倍!」という言葉が躍っているけど、普通に近所のスーパーやドラッグストアで買う方がずっと安いことがけっこうあります
あと、家電量販店のポイント還元は要注意ですね、複数店舗を比較するとポイントは少ないけど安く売っているお店はけっこうあります

『どんなポイントより、安いに勝るものは無し』と思った方が失敗は少ないかもしれません


3.ポイントサービスは結局、お金を使わないとお得にならないサービス問題

そう、ここが今回の最重要ポイントです(※ポイントサービスの話だけに)

ポイントカードやポイントサービスって結局はお金を使えば使うほどお得になるサービスなのです

ここのブログタイトルは『年収300万円のリアル金策術』ですよね、、、それくらいの年収の方々にとって最重要なのは『いかにお金を使わずに生活が出来るか』という部分じゃないでしょうか
そういう意味ではお得なポイントサービスやポイントカードはお金を使わないと得をしないという大いなる自己矛盾を抱えているのです

特に前にお話させていただいた「経済圏を1つに絞る」と余計にポイントを馬の前の人参如く見せて企業はお金を使わせよう使わせようとさせてきます
それに惑わされたら気がついたら消費でなく浪費をしていたという事にもなりかねませんのでご注意を


以上の3点をまとめさせていただくと…

2017-03-15-10-45-14


そもそもその商品を買う価値があるのかポイント関係なくもっと安い場所はないのかもらえるポイントは使いきれるのかポイントをどれだけゲットできるのかヽ(・∀・)ノヒャッホイ

という、優先順位でポイントサービス&ポイントカードを捉えるといいかもしれませんね



次回はポイントサービスの要、クレジットカードについて語ろうと思います



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

にほんブログ村