ブログネタ
ゲームあれこれ に参加中!

3月17日に任天堂とDeNAが業務・資本提携について合意したことを発表した。

任天堂株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーの業務・資本提携合意のお知らせ(DeNA)

週アス+
任天堂とDeNAがゲームアプリなどの共同開発・運営に関する業務・資本提携について合意






会見の動画を全部見ました!

重要点は

・任天堂は今後もゲームのプラットフォームビジネスから撤退しない
・コンシューマ機とスマフォン向けゲームで架け橋になる会員制サイトの運営を行う
・スマフォン向けゲームは共同開発する
・相互に株式を持ち寄り資本提携をする

の4点かな

会見の質問で、「なんでDeNAよ?!」っていう質問もあったけど会社の規模では明らかに任天堂の方が大きくて世界市場を見た場合に「なんでDeNAよ?!」という質問は確かに的を得てるけどね
上記の4点全部叶えれる会社はDeNAだったんだと思う

任天堂サイドから見れば
任天堂がゲームプラットフォームビジネスを今後も継続するうえで、スマフォン向けビジネスと相互に利益を上げるためにある程度『シモベになる会社』でなくてはいけなく
少ない投資で言うことをきかせられる『規模もそこそこの会社』っていうのがピッタリとDeNAだったんでしょうね

今回の提携の肝は「会員制サイト」に尽きると思う
この辺は任天堂は弱くて弱くて、ミバースなんていうウンコSNSをやっているけどDeNAはモバゲーの運営実績がありますからね
『今回の提携の評価は全て会員制サイトにある』と言っても過言ではないでしょうね

スマフォン向けゲームもただIPを貸し与えるだけでは任天堂の旨味はなくてコンシューマ機と相互にアイテムのやり取りとか出来るようにしていくとかコンシューマ機側のゲームのメリットも当然考えているでしょうね

「スマフォン向けどうぶつの森」とか素人のあっしでもすぐに思いつきますw
スマフォン向けどう森とコンシューマ機向けどう森の家具やどうぶつのやり取りや、どちらかのプレイ特典でレアアイテム家具ゲットとか…。
他にもアミーボはNFCのあるスマフォンでも活用できますからどう森でカード型アミーボを販売すればスマフォンとコンシューマ機両方でアイテムゲットとか…。

そこまでコンシューマ機と連動するにはやはり「シモベになる会社」が提携相手でないといけないでしょうしね

今回の提携は互いの弱みの補完関係にあるいい提携だと思うんだけどなぁ…。なぜ、ネットでは悲観論が強い?!




      

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログをblogramで分析